山頂写真

2020年の年末登り納め!どこにしようかなぁと考えましたが、やっぱりここしかない!日本百名山にも選ばれている韓国岳!

10年前に登った時は、すごくきつかった覚えがあるけれど、今は少しは体力もついたしきっと大丈夫!天気予報もあまりよくないけど、どうしても登りたい!ということで、登ってきました!

うん、一面の霧、強風、寒さ、そして雨と、天候には恵まれませんでしたが、楽しかった!山ってどんな時でも面白い^ ^奥深いね。

日本百名山 韓国岳!霧&強風&寒さ&雨でも面白い奥深い山だった

とりあえず一般情報♪

日付:2020年12月27日(日)

人数:3人 旦那 私 娘(7歳)

天気:曇り→雨

その他:駐車場終日500円 登山口にトイレあり

標高:1700.3m YAMAP(アプリ)によると、登山口からの標高差541m(登り) 総歩行距離6.3㎞(大浪池に下りてえびの高原に戻るコース)でした。

行程:登山口 10:05 →硫黄山火口展望所10:48→5号目 11:26→韓国岳山頂 12:09→下山開始 12:25→大浪池遊歩道 13:51→駐車場到着 15:33 行動時間:5時間29分

子どもも一緒なので、少しゆっくりペースになっています。

アプリの活動データ写真
アプリの活動データ写真
YAMAPアプリより

えびの高原から出発!

えびのエコミュージアムセンターの駐車場(500円)に車を止めてスタートします。お店もあるし、トイレもあります。ちょっとぬるいけど(≧∇≦)足湯もあります。設備はバッチリです。

駐車場のすぐ横が登山口。看板もあり迷うこともありません。

登山口写真

この日の天気予報は昼過ぎから雨。本当はドーンと韓国岳が見えるはずですが雲がかかって見えません。

韓国岳写真

展望所もこんな感じ

展望所写真

でも目を凝らしていると…少し見えた!

硫黄山火口写真

ゴロゴロ石がたくさん!

登山道写真

ずーっとこんな感じ(≧∇≦)真っ白シロスケ

霧の写真

五合目の展望所。本当はえびの高原を一望できるはずなんですけどねぇ(≧∇≦)

どんどん霧深くなってくる。けど、娘は「雲の中の世界〜〜♪」と喜んでる(^◇^)私も「進め!雲の世界を!」とRPGのノリで突き進む。周りに誰もいないし、楽しっ♪

多分ミヤマキリシマだよね。いやー5月ごろ来たら綺麗だろうなぁ。絶対また来る!

ミヤマキリシマ写真

山頂〜!強風!すっっっごく寒い!岩場の影で風を避けながらおにぎりを食べる。まだ雨は降ってないけど、家族みんな風呂上がりみたいな髪の毛(≧∇≦)湿気だか結露だか、なんか、すごい。

山頂写真

相変わらず白い世界を進む

山頂写真

帰りは大浪池に下ります。

大浪池標識

ずっと木の階段だと思っていたけど、結構急なゴロゴロ石の下りがあって、慎重に下りる。

登山道写真

木の階段もたくさん!やっぱりゴロゴロ石より下りやすい。

登山道(階段)写真

大浪池の遊歩道に下りてきました

大浪池標識

そこから駐車場まで、結構歩きます。1時間半以上歩きました!

ずっと霧がかって、幻想的です。

遊歩道写真

雨もまた楽し♪良い登り納め♪

なんとか天気がもってほしかったけど、ポツポツしはじめ、14:30頃から結構降りだしました。レインスーツを着て雨に打たれて歩きましたが、まぁ、それも味わい深い(そこまで大雨ではなかったからですが( ̄∀ ̄))

山って、どんな状況でもそれなりに面白い。霧島の山々って、本当にいいんですよね!霧島の山だったからかもしれませんが、ともかく山の奥深さというか、懐の深さを感じた山行でした(^◇^)

まぁ…でも次は天気がいい日に来たいな(≧∇≦)そりゃそうよね♪

スポンサーリンク
おすすめの記事