本の写真

何度も読んでボロボロになっていますけど…

時々無性に読み返したくなる本があります。私にとって河合隼雄さんのこころの処方箋は、そういう本の一つです。

この本をまた引っ張り出してきて読みたくなったということは、私、ちょっと行き詰っているんだろうなぁ、疲れているんだろうなぁ、今悩んでるんだろうなぁ、というバロメーターのような本。

何回読んでも、新たに発見があり、癒されたり、鼓舞されたりします。

読書感想 こころの処方箋

やさしくてやさしい

「新刊ニュース」に連載されたコラムをまとめたのがこの本です。一つの話は4ページと短くて、55の話が載っています。

私この本、何回読んだことでしょう。私は河合隼雄さんが本当に大好きなのですが、好きになるきっかけになったのがこの本です。

河合隼雄さんの書く文章は、本当にやさしい(易しい)言葉で書いてあり、その言葉の根底に流れている波動も本当にやさしい(優しい)のです

日本にユング派の心理学を取り入れた、第一人者の河合隼雄さん。心理療法を行う上で様々な方と接してきた本物の臨床家が語る言葉は、命がけの心のやりとりをくぐり抜ける中で得られた悟りとも言えるような知見に満ちています。

疲れている時、行き詰っている時、少し辛い時に読むと、乾燥しきった心にすうっと水が染み込むように言葉が入ってきます。

河合隼雄さん

もしかしたら知らない方もいらっしゃるかもしれないのでご紹介します。本の著者紹介から引用しますね。

兵庫県生まれ。京大理学部卒。京大教授。日本におけるユング派心理学の第一人者であり、臨床心理学者。文化功労者。文化庁長官を務める。独自の視点から日本の文化や社会、日本人の精神構造を考察し続け、物語世界にも造詣が深かった。著書は『昔話と日本人の心』(大佛次郎賞)『明恵 夢を生きる』(新潮学芸賞)『こころの処方箋』『猫だましい』『大人の友情』『心の扉を開く』『縦糸横糸』「泣き虫ハァちゃん』など多数。

私が著書をコンプリートしたいと思っている作家の方は、今時点で二人いるのですが、そのうちの一人が河合隼雄さんです(もう一人は上橋菜穂子さん♪)。ですが、この方、ものすごい量の著書を残しているんです(^◇^;) どうやったら人生でこれだけの本が書けるんだろう… 一生のうちにコンプリートできるように、少しずつ読んでいっている所です。

良かれと思っていたことがそうではなく、いけないと思っていたことが必要であったり。

人間の心って、本当に不可解といいますか、表面に現れている態度と、心の中は実は相反していたりするし、嫌だ!と思っていることが、実は意識しない心の中では必要と思っていたり、複雑怪奇です。

そんな心とずっと向き合ってきた河合隼雄さんの語る一言一言が、深い!

「己を殺して他人を殺す」というコラムが載っています。幼い頃から他人の言うことをよく聞き、自分のやりたいこと、いいたいことを常に後回しにして「己を殺して」生きてきた女性の話。いい子という評判ができて、ますますそのような生き方が身につき、先生の覚えもめでたく良いところに就職した。ところが、職場ではしばらくは良かったものの、そのうちに自分が職場であまり好かれておらず、「勝手者」と言われていることを知り、なぜだか全く分からず相談にきたそうです。

結局、己を殺すといっても、やはり自分は生きているのだから、自分を殺し切ることはできない。自分の一部は殺すのだが、その殺された部分は何らかの形で再生されているのだと。この女性の場合は、いつも自分の考えや欲望を殺して生きているつもりなのに、他人から見ると急に途方もなく勝手なことをしているように思えるのだそうです。皆が楽しんでいるときに座が白けるようなことをいって平気でいるとか、非常に大切な仕事があるときに、それほどとは思えないのに、体調が悪いので早退してしまうなど、どこかでチグハグしてしまい、ここぞという時に勝手をしているように思われ、平素はおとなしくしているので、その行為が余計に目立ってしまう状態であったそうです。

でもこの女性からすると、いつもは辛抱して生きているので、時にたまらなくなって少しぐらい休んだり、息抜きしたりしても当然ではないかということになるが、そのタイミングが最も不適切、ということになっている、と。

これは、彼女のなかで殺されたものが生き返って復讐をしているようなもので、こんな時は見事に他人を殺すことをするものである。彼女の一言が、盛り上がってきた場を殺すとか、他人の行為を無にするとか、友人の窮状を見殺しにするとか、いろいろなことをやってくれるのである。

と、河合隼雄さんはおっしゃっています。

私もこの女性と少し近いところがあって、常にいい子を演じてきたのですごくこの状態がよく理解できました。そうなんですよね。ずっと我慢していると、時々ふっと自由に振る舞いたくなる。けど、自分ではそのタイミングにどういう意味があるか、なんて意識していないんですよ。あとで考えると、なんでこんなタイミングでやっちゃったんだろうって思うことがあったんですが、実はこんな心の働きが作用していたのかぁ、と腑に落ちました。

そういった複雑な心の動きや働きを、上記のようなやさしい言葉で、ものすごくわかりやすく語ってくれます。そしてわかると、対処することができるようになるんです。

そのほかにも、

  • 「理解ある親」をもつ子はたまらない
  • 100点以外はダメな時がある
  • 心の中の勝負は51対49のことが多い
  • 人間理解は命がけの仕事である
  • 「健康病」が心身をむしばむ
  • うそは常備薬 真実は劇薬
  • 心の支えがたましいの重荷になる

などなど、なるほど〜と至極納得したり、えぇっ!と驚いたり、あぁ〜気をつけないとなぁ、と反省したり、そんな話が55話もおさめられています。

人間の心は人それぞれで理解が難しいんだけど…

これを読んで思うのは、河合隼雄さんは決して決めつけないで物事を見ているということ。人間の心って本当に人それぞれで、複雑さを極めるのですが、河合隼雄さんは決して答えを一つに限定しようとしません。いつもニュートラルに自分を合わせていて、相手の反応を見ながら、一緒にたゆとってくれる。

答えを押し付けず、その人の中から答えが出てくるように辛抱強く付き合っているのがよくわかります。

だから、今辛い思いをしていたり、疲れていたりする時に読んでも、決して「うっ」と心が重くなることはないと思います(時々あるんです。正論をふりかざして、疲れている時に読むとズドーンと気分が下がってしまう本も…)

人の心理についても、実例を通してよく理解できる。それがものすごく簡単な言葉で書かれている!

現在のバイブルと言っていいのではないか、と個人的には思っています。タイトルもこころの処方箋だもんね(≧∀≦)

まとめ

私も今、少し悩むところがありまして、思わず本棚から引っ張り出してきて読んだのですが、何度読んでもいいです。言葉がすっと心に入ってきて、落ち着いていきます。20年も前に出された本ですが、全く古さを感じない。人間の心理に新旧はないと改めて実感しました。

タイトルにこころが疲れた時、と書きましたが、正確にいうと色々と行き詰って疲弊した時、というべきかもしれません。何か行き詰ってしまった時に、何かしらヒントや新しい考え方をもらえる本。それでいてやさしくて押し付けがましくない本です。

疲れた時はぜひ手にとってみてください。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
スポンサーリンク
おすすめの記事